きめ細かい肌

こんな悩み、抱えていませんか?

  • ファンデーションののりが悪くなった
  • 毛穴が目立ち、メイクで隠せなくなってきた
  • 凸凹やガサガサが気になる
  • ファンデーションがよれたり、テカったりする

20代後半からは老化との戦い。スキンケアをせずに放っておくと、細胞数は確実に減ってしまいます。
細胞が減ると水分を保持する力や弾力が衰え、乾燥肌やしわ、たるみを引き起こします。きめ細かい肌は元気な細胞がたくさんなければ実現しません。

肌に栄養、与えていますか?細胞の材料は栄養です。
栄養が行き届いていなければ新しい細胞が作られず、減って行く一方!
どんなに外側から水分を与えても、どんどん蒸発してハリと潤いを逃がす肌になってしまいます!

肌のキメが失われ始めたと感じたら、水分保持能力を「育てる」スキンケアが必要です。 「米肌」なら水分を補給するだけでなく水分を保持し、自分で吸収する力を育てることが可能。 美は健康な身体があってこそ。食生活でたんぱく質をしっかりと補給することも忘れずに!

キメ細かい肌を取り戻すカギは…コレ!

肌のくすみの原因は1つとは限りませんが、大きな原因は栄養不足と水分不足です。

年を重ねるごとに新陳代謝が衰え血行が悪くなると、栄養が肌に行き渡りません。
すると新しい細胞を生み出し古い細胞を排出するターンオーバーがうまくはたらかなくなり、古い角質が分厚く溜まっていきます。これがくすみを引き起こします!

また、肌に水分が十分に含まれていないとたるみの原因に。たるむと毛穴が広がり、老廃物が溜まりやすくなります。老廃物がたまって黒ずめば、くすんだ肌になってしまいます。

肌のくすみを改善してきめ細かい肌を取り戻すスキンケアのポイントは「栄養や水分を保持する力を育てる」こと。
ただ水分を補給するのではなく、逃がさない力を育てることが必要です。

水分を与えるだけではなく、保持能力を高める!


米肌
>>トライアルセットはこちら<<
米肌のポイント
  • ライスパワーNo.11の力で保湿成分セラミドを生成!自ら水分を保持できる肌へと改善!
  • 乳酸Naで角質深部の保湿力をサポート!潤いをしっかり与えて毛穴レスの肌へ!
  • グリコシルトレハロースで肌を乾燥や紫外線から守ってくれる!
美肌成分 ライスパワーNo.11
トライアルセット¥1,500(税込)/14日間分
販売会社 KOSE PROVISION

「米肌」なら潤いを与えるのではなく潤いを創り出し、取り込む肌作りが可能です!

角層内の保湿力をサポートする美容成分「乳酸Na」「グリコシルトレハロース」配合! これらの成分は空気中の水分を取り込み、抱え込むことで乾燥や紫外線から素肌をガードしてくれるんです!

低刺激処方で安心! 無香料・無着色・石油系界面活性剤フリー・アレルギーテスト済み・鉱物油フリー・弱酸性!
敏感肌のあなたでも、乾燥肌のあなたでも、安心して使うことができます。 毎日のスキンケアだから、肌にやさしいものを選びたいですよね(^^)♪

今ならトライアルセットが1,500円!
14日間で毛穴の広がりやガサガサ肌の改善が実感できちゃうんです♪この機会を逃さないで!

保湿には気を遣っても「保持するケア」をしてこなかったあなたは、栄養や水分を補給してもどんどん蒸発するキメのない肌になってしまっているかも…!
今すぐ「育てる」スキンケア、始めませんか?

米肌について詳しくみる

米肌(まいはだ)の口コミ

乾燥肌でも大満足゚+.(・∀・).+゚

スキンケアの行程が複雑でなく、「洗顔をして保湿するだけ」という手軽さに惹かれて購入しました。
お気に入りは泡立ちのいい肌潤石鹸。もっちりふわふわした泡で包み込むように洗うと本当に気持ちいいんです!
また、化粧水の後につける肌潤クリームもお気に入りです。 もっちもちに潤うのにベタベタしないから、夏でもストレス無く使えます♪
私はこれで保湿クリームを塗ってもすぐに乾燥したり突っ張ったりすることが無くなりました♪
つけ心地が良い上にもっちり水分を保持している実感がもてるから、乾燥肌の私でもすっぴんに自信が持てそうです♪

もちもち肌ゲットだぜ(笑)

肌潤化粧水はとろみがあって保湿効果が高そう!と期待して使い始めました。 においも気にならず、とろみがあるけれどしつこくないので気に入ってリピートしています。
肌になじませると毛穴が持ち上がる感じでふっくらとするから、鼻周りや口周りにたっぷりと塗込むのが私流です。
ほんとうに毛穴がぷっくりして、水分が保たれているのが実感できます。
米肌を使いはじめる前は化粧水と保湿クリームを塗った後もメイク前に 保湿乳液を塗ることが欠かせなかった私ですが、今では全く塗らなくてももちもち肌が維持できていて、本当に嬉しいです!
これからもリピートしたいと思います♪

キメ細かい泡立ちとモッチリ感がGood!

まず石鹸の泡立ちの良さにビックリしました。私は泡立てネットを使っていますがフワフワの泡が作れ肌を擦らずに洗えます。洗い上がりもかなりしっとりしています。
化粧水はトロっとしたテクスチャーで浸透力が半端ないです。花が水を吸って活き返った気分?のように肌へ浸透していくのが分かりました。トロっとしていますがベタつき感がなく使いやすいです!
ただ、ちょっと値段的にライン使いをしようか悩むところではありますが、エイジングケアの事も考えたら高くないのかな・・・とも思います。

シワもたるみによる毛穴の広がりも、完全に無くしたり引き締めることは難しいもの。 栄養や水分が無くなり砂漠化してしまうその前に、栄養も水分も保持する能力を育てる必要があります。 加齢によって細胞数が減ってしまうのは自然なことです。 毎日のスキンケアで今ある細胞を大切に育て、栄養も水分も逃がさないようにすることが重要です。

もうひとつ重要なのは、外から与えられるのを待って潤いが保たれている肌ではいつまで経っても健康な肌になったとは言えません。やはり肌本来の機能を取り戻し自ら潤いを創り出してこそ本当のスッピン美人になります。
米肌は「ライスパワー11」の成分で、保湿機能に重要なセラミドに働きかけ、活性化させるので自ら潤える肌を手に入れられます!


また、新しい細胞を育てるには食生活による栄養補給も重要。
肌は排泄器官ですから、外側から栄養を取り入れようとしても新しい細胞を生み出すために使われることはほとんどありません。
細胞の材料であるたんぱく質や代謝を促進するビタミンやミネラル、酵素などをしっかりと補給した上で、肌の栄養や水分を保持する力を育てましょう。

まだ、あきらめないで!
きめ細かい肌を作るのは30歳過ぎでも可能!

米肌の詳細はこちら

 

子供の肌そのものが理想のキメ肌

きめ細かい肌のきめとは?
人間の肌は、たくさんの溝があります。
それも縦横無尽らに無数の溝があります。
そして、その線が一つ一つの形を作っていきます。

手の甲をみるとわかりますが、線と線の交差によって、四角や三角の形を見ることができ、正式には皮丘と呼ばれています。
きめが細かいというのは、その形の一つ一つが小さく、一定の形で並んでいることを言います。
水分と皮脂がちょうどよいバランスで保たれていて、美容成分がしっかりとあることで、この線や形が目立たないことを指します。
ところが、きめが荒くなるというのは、見た目でも線がわかってしまったり、一つ一つの形が不規則になったりすることを言います。

このきめ細かな肌を作るのには、常に肌にとって水分と油分がバランス良く整っていることが必要とされています。
子供の肌をみると、きめ細かなと言うよりは、皮丘そのものを見つけるのもわからないくらい細かな線が入っています。
はりがあり潤いがしっかりとしてるので、その存在すらわからないといった状態。まさに肌の理想とされています。

子供の肌を100の美容成分が整っているとすると、
年齢肌に行くに従って、美容成分が保てなくなっていくと同時に、作られなくなっていくとされています。
そのためには、スキンケアが絶対不可欠になります。
肌に必要な美容成分を補給するとともに、紫外線などの外敵から肌を守ることが大切です。
誰でもきめ細かな肌になることはできますが、そこまで行くのにどれだけのスキンケアが必要?という事になります。


シミが消える?ハイドロキノンで素肌美人

毛穴の黒ずみ、顔にできたシミを消すことができたら…。
キレイな美肌は若々しく見えるのと同時に、自分自身の気分も上がります。
レーザーに手を出すのはこわいし、セルフケアでシミを消す方法はないのでしょうか?

まず、シミにはいくつか種類があります。
同じようにみえてすべてが同じシミではありません。
紫外線などが原因の“老人性色素斑”。これはもっとも一般的なシミです。
遺伝で発生しやすい“ソバカス”。
ホルモンバランスの乱れなどにより目のまわりに左右対称に発生する“肝斑”。
ニキビの炎症などで皮膚が茶色くなりシミのようになってしまう“炎症性色素沈着”。

レーザー治療をせずに肝斑以外のシミに効果的なのが「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われているほどの美白効果があり、
メラニン生成に関わる酵素チロシナーゼを分解促進する働きをしてくれます。
最近ではハイドロキノン配合の美白化粧品も多くあり、
ビタミンC誘導体よりも効果が高く即効性があると人気が広がっています。
ただ一点注意が必要なのが、通販などで濃度の高いハイドロキノンを購入するのは少し待ってください。強力な効果があるだけに高濃度なハイドロキノンを使うと思わぬ副作用を招く危険性があります。
きちんとしたリサーチの上で選ぶか、顔のシミ取りは皮膚科で処方してもらいましょう。